女は知性。

人生、楽んだもの勝ち!

「会社がつぶれる!」その時のために考えたいこと。

スポンサーリンク

「5年以内にうちの会社潰れるぜ?本当に」 

 

社長が従業員に向けて言った言葉です。

本当に潰れるかどうかは別として、

日頃このようなニュースを聞いてはいたものの、

何となく自分事として考えるまでに至らなかった私は

急に現実を突き付けられた思いでした。

 

誰しもがあり得る話ですが、

いつか来るその日のための備え、出来ていますか?
f:id:know-your-rights-1026:20180514101837j:image

 不安で仕方ない

 

前述の発言を聞きながらまず思ったのが、

「会社がつぶれたら、今よりママに理解のある会社に転職なんて出来るのだろうか」

「大したスキルのない私が行ける会社なんてあるのだろうか」

「そこは残業なしで、ママが働きやすい職場だろうか」

「保育園への申請面倒くさいけどそもそも転職できるのだろうか」

なんて、一気に足元が崩れるような不安に襲われました。

 

みなさんはいかがですか?

もし、今お勤めの会社がつぶれる!となった時を想像してみてください。

 

お先真っ暗になるはずです!

 

会社はもう従業員の人生を背負えない

 

会社の寿命は10年持てばいいほう、もって普通は30年と言われています。

老舗や大手なんかはモンスターですけど、

山一證券が倒産した時もまさかと思いましたよね?

そう考えると、いつ勤めている会社が潰れてもおかしくないですよね?

 

今後定年という概念が無くなり、死ぬまで働くであろうと考えると

勤め先が潰れる可能性の方が高いんじゃないでしょうか!?

 

しかも、昨今は副業を認める企業も増えてきましたね。

リクルート、サイボウズ、メルカリ、google、Yahoo・・・

この風潮は、

”いつ会社がどうなるか分からないから、有事に路頭に迷わないように手を打ってね!”

という意味です。

(もちろん、個のスキルアップ推奨で副業okにしている所もあるかと思います)

 

時代の流れがどんどんどんどん加速しています。

この、会社ができる→潰れるのサイクルもどんどん速くなっていくのです。

 

そういう時代に、わたしたちに何ができるでしょう?

 

分散化のすすめ。


f:id:know-your-rights-1026:20180514101851j:image

わたしは、”分散化”していくのが良いのではと思います。

資産、住まい、仕事、収入源などなど・・・

 

少子化が進む日本が経済成長していくとは考えにくいので、

「もし日本が終わっても生きて行く」前提で生きて行くことが肝要だと

思います。

そこで分散化です。

 

資産の分散化

 

日本円での保有比率を低めにする。

国がインフレ(物価上昇)に向かっておりますので日本円でしか資産を持たないと、

同じ金額を持っていても価値は目減りしていきます。

政府は2%上昇をうたっていますね。

今年の100万円は、来年98万円の価値になるということです。

日本が、払いきれない借金を抱えているのはご存じですね?

物価を上げて、お金の価値を下げないことには

この借金を減らすことは無理だと言われています。

 

そこで、外貨や仮想通貨を持つという選択肢が出てきます。

仮想通貨は変動が激しいので資産運用初心者には勧めませんが、

もし日本円が暴落しても、外貨であれば価値はある程度保障されます。

もしくは、不動産や車などの資産を買うという手もありますね!

こういった有形の資産はインフレの時には強いです。

 

住まいの分散化

 

これはなかなか難しいのですが、

日本に住むメリットが無いなと、

今後思う場面が増えてくるのではないかと思うんですね。

増税しかり、賃金、労働環境しかり。

そういったときに、海外でも暮らしていける!

どこに行ったって生活できる!という状態でいることはとても大事です。

 

国外に行かなくても、

生活コストを抑える為に地方住まいにするとかね。

でもこういった時に、高い生活コストに慣れきってしまうと

中々生活水準を落とせませんね。

日頃から生活コストを抑えて生活したいものです。

 

仕事の分散化

 

 ここまで書いたように、会社がいつ潰れるかは分かりません。

勤務先にしても、取引先にしてもそうです。

出来る限り多くの取引先を得ておくのがリスクヘッジとなります。

日本の人口が減るということは、仕事を国内相手に限った場合取引先も自然に右肩下がりになります。

対海外に目を向けてもいいかもしれませんね!

 

君たちはどう生きるか

 

収入源を増やす、ということも忘れてはいけません。

特に専業主婦の方。

収入源を夫だけに依存していたら、中々自立とは程遠い状態ですね。

自己実現もしにくいとは思いますが、

もし夫の会社が潰れたらどうしましょう!?

もしくは、急に離婚するハメになったら!?

経済的基盤が無いというのは、本当に大変です。

美容家の神崎恵さんも元々専業主婦で、

離婚して2児のシングルマザーに。

著書のなかでその大変さに触れていらっしゃいます。

 

すぐに職につく、というのは中々難しいかもしれませんが、

いつかは自分でも収入を得ることを考えた方がいいかもしれません。

まずは資産運用で毎月分配金が入る、でもいいと思いますよ!

それだって収入源増の一つですから!

 

今勤め人の人は積極的に(会社の規定内で)副業していきましょう!

収入源をより多く確保するのです!

メルカリやココナラ、noteも収入増につながりますよね!

 

社会の変化が激しくなっていきますから、

どう生きるかは今まで以上にしっかり考えていかなければいけなくなりました。

子供の教育方針にも関わることですので、しっかり考えていきたいですね!

 

こちらの過去記事もどうぞ!>>

全勤め人必読!マルクス『資本論』入門はマンガがおすすめ。 - 女は知性。