女は知性。

人生、楽しんだもの勝ち!

元美容部員によるデパコスの買い方!

スポンサーリンク

今回は元美容部員(私)がコスメカウンター活用法(メイク編)をお話しします!

 

実は私も前に勤めていた割にカウンターが苦手ですが、

そういった方は多いのではないでしょうか。

「美容部員さんに気後れする」

「いつも忙しそうでどんなタイミングで行ったらいいか分からない」

「コミュ障だから無理」

などの声をよく聞きます。

 

そんなに構えなくても大丈夫ですので!

コスメカウンターに不馴れな方やこれから行かれる方、参考にどうぞ!

 

初心者の方へ。デパートコスメカウンター利用の基本認識として。

f:id:know-your-rights-1026:20171120180121j:image

これね、結構忘れられてること多かったのですが美容部員さんは販売員です。

基本ノルマきついです。

ですので、基本的に好かれるお客さんとは

買ってくれる人

です。

身も蓋もないですが…

ここを前提として読み進めてくださいね!

 

接客してもらう美容部員はメイクが好みな人を選ぶ

 もし美容部員さんを選べるのであれば、

施しているメイクが好みの人にお願いしましょう。

その美容部員さんのメイクの傾向かそのまま自分がされるメイクになることが多いです。

濃いメイクの人には、薄いメイクの人に比べ濃くされることが多いです。

お客さんによって勿論合わせてはくれますが、美容部員も人間。

どうしても自分の好みに寄ってしまうのは致し方ないからです。

 

また、男性美容部員さんには、自分の顔を直視されるのが恥ずかしい人が殆どだと思いますが、

(毛穴が気になるからあまり肌を見られたくないとかね。)

異性目線でのアドバイスをくれますから、

女子力アップしたいときは是非声をかけてみてください。

 

タッチアップ(お試し)のおすすめの時間帯

ゆっくり過ごしたい、相談に乗ってもらいたいときのベストタイミングは

昼前くらいです。

 

開店直後ですと、早番しかいない上に納品があると店内は段ボールが沢山です。

お客様優先とはいえ、少ないスタッフで納品を片付けなければならないのであまりゆっくりとはしていられません。

昼前には中番や遅番のスタッフが来ますし、

納品も片付け終わっていますので比較的ゆっくりできます。

ただし土日は開店からフルパワーですので、

是非開店直後に行きましょう!

 

もちろん指名買い(買うものが決まっている)はいつでもOKですよ!

 

過去記事>>

「デパコスのタッチアップが苦手」は損!元美容部員が解説するタッチアップの心得♪ - 女は知性。

目的はハッキリ伝えよう!

「口紅が欲しい」「スキンケアが欲しい」

これでもいいです。

美容部員さんがさらに突っ込んで聞きますから。

でも、"どういう仕上がりが好みか"をお知らせいただければよりベターです。

よく、「私には何色が似合いますか?」と聞かれましたが、

基本的には付け方によってどうとでもなるので、

似合わない色というのは無いのです。

堂々と、"好きなかんじ"を伝えてくれてOK!

今使っているコスメを持参して、

「こんな感じの」や「これよりもっと○○で」

とかもいいですね!

 

因みに、お試しだけでも勿論いいんです。

でも、"買う気はさらさらないがお直ししたい"

これを前面に出されると泣きます。

特に混雑時にこれをやられたりなんかした日にはもう…!!!

 

夕方、スキンケアからのフルメイク仕上げた後の、

「マツキヨで買うから品番メモして」

とかもね。

思い出すだけで吐きそうです…。

 

口紅のお試し30色とかもそうですね。

いやそれほとんど色覚えてないでしょっていう。

色物に限らずですが、お試しは3色(種)までにしましょう。

それ以上ですと何つけたか分からなくなりますからね。

 

 話が反れました(笑)

 

自分に似合う色・パーソナルカラーについてはこちらを読んでみてくださいね♪

「素敵な服を買ったけどイマイチ似合わない」それ、色のせいかも!? - 女は知性。

 

よく聞かれていた質問集。

「○○ブランドのものと比べてどちらがいいですか?」

→何故かよく聞かれました・・・

美容部員にはメーカー社員と百貨店の社員がいます。

メーカー社員の場合は、同業他社の商品について習いませんので、

コスメマニアな人でもない限り分かりませんね・・・

こういう商品がある、という位の認識ならあるかもしれませんが

実際に比較してお客様に自分の商品をアピール、までは難しいのではないでしょうか。

 

比較したいのであれば、コスメコンシェルジュを利用するのも手です!

彼女たちはブランドの垣根を越えての知識があります。

どこのブランドの何が自分によいのかわからない、という方には良いでしょう♪

 

「何でこんなに高いの?」

→私のいたブランドはデパート内では高くなかったんですけどね・・・

意外とよく言われました。

ここで、プライシングの話。

気を悪くされたら恐縮ですが、プライシングにも狙っている客層があります。

デパートの商品が高いのは、「そこにお金をかけられる人」をターゲットにしているからです。

お金をかけられる人とは、

何よりコスメが好きな人、

お金持ち、

コスメの優先順位が高い人などなどありますね。

もし高いと思ったら、ターゲット層ではないということです。

お金持ちか否か、ではありませんので!

私も今はコスメの優先順位が低いので高いと思っています(笑)

 

「自分のブランドの商品を使っていますか?」

→人によりけりです。

心底愛していて、肌に合うなら使っているでしょう。

私はコスメ好きでありましたので、溢れる好奇心のままに他ブランドを

渡り歩いていました(笑)

残念ながら肌に合わない、という人もいますので一概に言えないですけどね。

でも、新商品が出るときは必ず使いますよ!

 

旅行用サンプル問題

これはね、本当によく言われてました。

私のいたブランドは年々厳しくなりましてね、

店ごとに割当数が決められるようになりまして。

旅行用にはご希望数は差し上げられなくなりました。

便利なのは本当によく分かる…

でも本当に試してみたい人に行き渡らないのは本末転倒なんですよね。

なので、出来れば美容部員から「あげますね!」って、

言われるまでは旅行用のおねだりは控えて欲しいところ…

でも、いつも使ってくれているお客さんにはあげたい気持ちは皆あるんですよー!

 

ちょっとしたプレゼントはネイルやグロスが多い

 

お友達への誕生日プレゼントなどのちょっとしたプレゼントは、

ネイル、グロス、油とり紙、ミスト化粧水などの¥2,000~3,000位のものが

多かったですね。

あと出しているところであればハンドクリームやネイルオイル、入浴剤なんかも良いですね♡

可愛い包装をしてくれるブランドも多いので、積極的に利用してください♪

 

名刺をもらおう!

私は、接客してもらった美容部員さんの名刺を必ずもらいます。

その場で買わなくても、

「買うときはあなたから」

と言われれば嬉しくない美容部員はいないからです。

それで後日来てくれたら、飛び上がるほど嬉しくなりますもの!

 

元美容部員というのもあるでしょうが、

私はむしろ美容部員を喜ばせたいと思って接します。

今でも美容部員という仕事が大好きです!

 

男性も大歓迎ですよ!

男性のお客様も頻度は多くないですがいらっしゃってました。

顔色を良くしたいからファンデーションが欲しいとか、

いつまでも張りのある肌でいたいからスキンケア頑張りたいとか、

職場で上司に勧められるとか(!)…

女性だらけの中の来店は難しいでしょうが美容部員は燃えます!

やりがいだらけですから!

是非来ていただきたいですね!

 

おすすめメイクアップアーティスト本

 

私は特に男性メイクアップアーティストの意見が貴重だと思っていて。

異性視点のアドバイスは、女性らしさアップには欠かせません。

私が特に大好きなのはCHICCAの吉川康雄さんと、河北裕介さん!

著書は必見ですよ!特におすすめは以下。

 

 

 

何だかとりとめのない文章になってしまいましたが

参考になれば幸いです!(*^^*)

 もし聞きたいこと、気になることあればお気軽に聞いてくださいませ。

 

こちらも併せてどうぞ!

デパコスとプチプラコスメのメリット・デメリット - 女は知性。

美容部員の指名はどんどんしよう!元美容部員によるコスメカウンター利用法♪ - 女は知性。