女は知性。

人生、楽しんだもの勝ち!

のっぺりした顔を立体的に魅せる!大人なら持っておきたいハイライトのススメ。

スポンサーリンク

コントゥアリングメイクが話題ですね。

コントゥアリングってなに?って方がほとんどだと思いますが、

コスメで光と影を操り立体小顔にするメイク法です!

(ググると、ライオンキングみたいな顔がいっぱい出てくるよ!)

 

年齢を重ねるにつれて、私たちの顔はどうしても

のっぺりしてきます。

のっぺり=立体感がなくなると、ハリがなく見えやすいですし、

顔も大きく見えてしまいます。

(顔が大きいことを悪だとは思っていません!)

 

でも、正直コントゥアリングメイクは時間のないワーママには

手間がかかりすぎるし、

しかも特にシェーディングは

「自分にはどういう影を入れたらいいわけ?」

と分かりにくい上に失敗しやすい。

 

ですので今回は、シェーディング無しでハイライトのみで簡単立体感!

”大人の女性はチークよりハイライトを持つべし!”

をキーワードにお話しますね!

レツゴ!

 

ハイライトのみでもいい。とりあえずシェーディングは後回しに。

f:id:know-your-rights-1026:20180906130824j:plain

何でシェーディングを後回しにするかというと。

難しいからです。

はい、大体入れすぎて木彫りの人形みたいになっている方が多いです。

なんなら、撮影がない人は不要だと思っています。

 

シェーディング、入れるからには効果を感じたいじゃないですか。

で、メイクしてる本人が効果を感じられるまで入れると、

入れすぎなんですね!

客観的に見て「入ってるな」とバレてしまう。

 

「この人、小顔に見せたいんだな」

「鼻を高く見せたいんだな」

ってバレるの、少し恥ずかしいですよね・・・

感づいてしまった方は、それ以降顔より

”ビルド(創造)された掘り”ばかり目がいきます。

本望じゃないですよね?

 

だから、付けるなら気配程度に留めるものなのです。

一方、ハイライトは簡単です。

滅多に失敗することはありません。

 

RMKの元クリエイティブディレクター、RUMIKOさんは

ハイライトはデフォルトで提案していましたが、

シェーディングは敢えて提案されませんでした。

 

「光を前面に出せば、影は勝手についてくる」

 

シェーディングは、既にあるものをそぎ落とす、削る作業から

マイナス起点の思考になりがちですが、

これはポジティブな考えがすてき!

 

大人の女性はチークよりハイライト

f:id:know-your-rights-1026:20180906130838j:plain

今までは、顔の立体感ってチークが担ってましたよね。

思いっきり笑って、プクッと盛り上がったところにサッと入れる・・・とか。

 

それでも全然いいのです。

ただ、「チークがそろそろ厳しくなってきた・・・」

ってどこかで思っていませんか。

カワイイ、よりキレイを目指したい。

でも、何も入れないと顔の余白が広くてのっぺり。

そこでハイライトいってみませんか!

 

丁度、ハイライトで作った立体感の方がトレンドですしね♪

 

入れる位置、それは鏡を見れば一目瞭然

f:id:know-your-rights-1026:20180906130852j:plain

入れる位置ですが、凄く簡単にわかります。

勝利の方程式は決まった、です。

(仮面ライダービルドです)

手鏡を持って明かりの下に行ってください。

腕を上に掲げ、顔を真上に。

 

さ、鏡をのぞき込むと顔の中の高い部分にツヤが出るはず。

その部分にハイライトを付ければOK!

 

大体、鼻筋、目の下、目じりを囲ったあたりになりますね。

(でも、あごが出てる方はあごにハイライトを入れると強調されますので

そこは控えめに・・・)

 

注意点が、鼻筋にハイライトを入れたい場合。

鼻先まで入れますと鼻が長く見えてしまいますので、

入れても眉間~鼻筋の真ん中までにしておきましょう。

 

ハイライトにハマると、あっちもこっちもと

色々と入れたくなりますが絞りましょうね。

あちらこちらに入れてしまうと、

ただテカッてる人になってしまう恐れがあります・・・!

 

どんなタイプを買えばいいのか?

f:id:know-your-rights-1026:20180906130906j:plain

ハイライトにも、

パウダータイプ

練りタイプ

がありますね。

どっちがいいかと言うと、

ベースメイクに合わせると良いでしょう。

パウダーファンデなら、パウダー状。

リキッド、クリーム系なら練り。

 

何故なら、ハイライトを塗った部分と塗らない部分で

質感をそろえたいからです。

例えば、塗った部分だけツヤッツヤ、他ハーフマットですと

同じ肌で2つの質感が存在する。

異素材か!

 

ハリ感や美肌効果は練りのほうが上です。

手軽にツヤが出せますので、ツヤ肌に憧れている方はどうぞ!

 

色味はどう選ぶ?

f:id:know-your-rights-1026:20180906130920j:plain

 色味もいくつかありますね。

ホワイト

ゴールド

ピンク

 

特徴を挙げますと、

ホワイト→ハイライト効果が一番高い

ゴールド→肌に馴染みやすく健康的な印象に

ピンク→肌に馴染みやすく血色プラス効果あり

といったところでしょうか。

 

パーティーや、遠くから見られるような場面ではホワイトが

威力を発揮します!

 

参考に、人気のハイライトを挙げますね。

 

塗れたようなツヤで美肌効果抜群!

さすが河北さんプロデュースです。

セザンヌはコスパと手軽さ試しやすさ!

まずはこれから始めてもいいかも!

女子アナ御用達のアイテムだそうで!

ハイライトはアイシャドウとしても使えるし、

セットのシェーディングも使いやすいです。

 

 

ハイライト、使ってみたくなりましたでしょうか?

一部の特殊な美容オタクが使っているイメージだったかもしれませんが、

大人の女性の味方なのです!

意外と簡単なので、是非試してみてくださいね♪