女は知性。

人生、楽しんだもの勝ち!

まつげがすぐ下がる...(泣)上向きカールのためのファイナルアンサー!

スポンサーリンク

この記事では、すぐ下がってしまう根性なしまつげ

グイグイ上向きにする!方法を紹介いたします。

 

まつげ、短かったり毛が少なかったり、逆さだったりと

悩みが多い部分ですよね。

まつげが下がりやすいのもその一つ。

せっかくビューラーで上げたまつげが

マスカラを塗ったとたんに即下がる・・・

(もしくはマスカラを塗る前に既に落ちてる)

マスカラ後にまたビューラーをかけても今度はカクッとして仕上がりがイマイチ。

そして半ば諦めてメイクを終える・・・

まつげの出来一つでテンションが変わりますよね。

 

でも、もしかしたらあなたの習慣がまつげを下げさせてるのかもしれません。

これを読めば、明日からはまつげが上がる習慣に変わるはず!

まつげが上がれば気分も上がり、溌溂として見えますよ♪

 

では、これから詳しくお伝えしていきますね!

 

基本のキ!まつげに油分、ついてない?

f:id:know-your-rights-1026:20180905102852j:plain

マスカラがすぐ落ちる方にも共通するのですが、

まつげに乳液やクリームなどの油分が付着していると、

カールが付きにくく、落ちやすいです。

 

「付いてるかも・・・・」と心当たりがあるようであれば、

ティッシュや綿棒などでサッと押さえてからビューラーをかけてみましょう。

水分も同様ですので、

まつげメイクはまつげが乾いた状態ですることが絶対です!

 

また、いつも使っているビューラー、

メンテナンスはしていますか?

ゴムが固くなっていたり、

アイシャドウ、マスカラがついていたりしませんか?

固いゴムは力を入れないとカールできませんし、

まつげが抜けやすくなってしまいます。

汚れが付着=油分も付着していますから、やっぱりこれも上がりづらいです。

ツールはキレイな状態でこそキレイな仕上がりになりますよ。

 

因みに、私のおすすめビューラーはこちら!

美容部員時代に同僚と使ってみて思わず

「恥ずかしいほど上がってる・・・・!!」と驚愕しました。

今思えば”恥ずかしいほど”って、凄い表現だなぁと思いますw

今までの人生の中で一番上がるビューラーでした!

目からウロコのビューラーのかけ方

f:id:know-your-rights-1026:20180905102908j:plain

意外と多くの方が誤ったビューラーのかけ方をしがちです。

まつげを押さえたまま手首を返すとまつげ抜けるよ!!(怖)

強い力でかけなくてもいいよ!

 

ビューラーのかけ方はいくつかありますが、

そもそもまつげが上がらないあなたには、

毛先→根元の方向に場所をずらしながらかけることを強くオススメします!!

普通と逆だから、変に思うかもしれませんが、一度やってみてください!

一発でクルンッと上がりますから!

 

因みに基本のかけ方は、

根元→中間→毛先の方向にずらしながらかけます。

(でもこれだと、まぶたの重みでまつげが下がる人はすぐ下がるんですよね。。。)

 

究極にパッチリさせたい方は、

根元でガッツリ上げる、横から見ると絶壁のような仕上がり!

のパターンもありますよ。

横顔が変になるので、人に会う時には使えませんが、

意外と撮影では使われていたりします。

 

ホットビューラーなら、

ビューラーよりもセパレートした、扇形のまつげになれます。

熱が加わりますので、ビューラーよりもカールを固定できます。

ビューラーをライターやドライヤーで温めて使用するという手もありますが、

火傷の恐れもありますし、

コスパも良いので1本持っておくといいでしょう。

 

もしマスカラ後にホットビューラーを使うなら、乾いてから使ってくださいね。

乾いてないうちに使っても、本来の効果が出にくいですよ。

デスクでも出来る!ハンドビューラー

f:id:know-your-rights-1026:20180905102938j:plain

さて日中。

スキマ時間に鏡を見なくてもできる、簡単まつげカールアップの方法があります。

指をホットビューラーの時のようにまつげに当てて、30秒くらいキープ!

指の体温で上げるという裏技ですね。

これが意外と上がってバカに出来ないんですよー!

トイレでしてもいいし、

周りに人がいないときのエレベーター待ちの時とかでもいいですね。

 

これは美容家の神崎恵さんもしていらっしゃるとのことですから、

効果はお墨付きです♪

 

本気で上げたいなら、カールキープ下地は絶対

f:id:know-your-rights-1026:20180905102951j:plain

ここまで色々と紹介してきましたが、アイテムはどうすればいいのかというと。

まず、本気でまつげを上げたいなら、カールキープ下地は

絶対に必要です!!!

あるのと無いのとでは全然違う!

天と地ほどの差がある!

 

ただし、カールキープ力に比例してクレンジングで落ちづらくなりますので

物によっては別途アイメイク落としが必要になるものもあります。

優先順位によって選んでくださいね。

プチプラだとこちらが神です。ボリュームも出ますよ!

マスカラ、根元に塗れていますか?

f:id:know-your-rights-1026:20180905103012j:plain

まつげが下がってしまう要因の一つに、

マスカラの重みもあります。

と・く・に!

毛先だけしか塗っていないかた~~!!

重さに負けてしまって、下がりますよ~!!

 

マスカラは、根元に塗れてこそ真価を発揮します。

マスカラの塗り方として、

根元(一番多く付ける)→毛先(少なく付ける)で

毛先にいくにつれて先細りになるのが美しい仕上がりです。

また、根元にしっかり塗ることでアイライン効果が出ます。

特に大人は、まつげ単体に気をつかうよりこのアイライン効果を狙った方が

目がはっきりして見えますよ。

 

まつげにハリを!

f:id:know-your-rights-1026:20180905102830j:plain

残念な事実ですが、まつげにハリがないと上向きカールをなかなか保てません。

ハリがないと、ネコっ毛状態なのです。

ネコっ毛の方、分かりますね?

パーマもすぐ取れますよね。

コテで巻いても、家を出る頃にはカールが取れていますよね。

同じことです。

 

各種まつげ美容液を使うのも手ですが、

毛や爪、髪の毛が弱くなったりハリコシがないのは

タンパク質不足です。

生命活動に関係ないところまで栄養が回っていないのです。

なので、個人的にはタンパク質摂ろうぜと声を大にして言いたい!

 

過去記事>>

MEC(肉卵チーズ)食とは?効果とやり方を解説します。 - 女は知性。

 

いっそ上げないのも手。

f:id:know-your-rights-1026:20180905102804j:plain

「もう面倒くさい!!」となった方もいるでしょう。

または、どんなに頑張っても湿気には勝てない...orzという時期。

それなら、

いっそまつげを敢えて上げない

のも一つの手です。

 

今は大人の抜け感として敢えて提案されていますしね!

アンニュイな雰囲気になりますよ。

その時は上まつげよりも下まつげに重点を置いてみましょう。

アンニュイ度アップです!

 

一つ一つは手間ではありませんので、

習慣にしてしまうと早いですね。

明日から是非試してみてくださいね!