女は知性。

人生、楽んだもの勝ち!

ストレスゼロのハッピー子連れ旅!クルーズ(船旅)のすすめ。飛鳥Ⅱ編

スポンサーリンク

こんにちは、かよです!


突然ですが

クルーズをする夢が叶いました!
2泊3日、寄港なしではありましたが、
初めてのクルーズは控えめに言っても
最高でした!!!

 

日差しの良いラウンジでピアノ演奏を聴きながら雑誌を繰る。
視線を上げれば群青の大海原――。
なんて贅沢!


f:id:know-your-rights-1026:20180318170251j:image

でも、クルーズってリタイアした高齢者向けのイメージがありませんか?
ノンノン!!
欧米では"旅の理想形"として親しまれており、
実は子連れにとてもおすすめなんです!

 
f:id:know-your-rights-1026:20180318155721j:image

船旅は実はコスパが良い。むしろ安いかも。

「クルーズって高そう」
「セレブなイメージ……」
そんなイメージをお持ちの方は多いです。

しかし、意外とコスパが良いのです!
クルーズは船内の飲食や娯楽が基本インクルーシブです。
(アルコール、お土産、スパ等は有料です)

 

さて、ここで去年行ったハイシーズンの沖縄旅行と費用を比べてみましょう。

大人x2、幼児x1です。

沖縄 2泊3日 ¥290,000.-+現地食費、娯楽費
クルーズ 2泊3日 ¥260,000.-

 

比べてみると意外としないですよね?
なんなら船内で1日8食とか食べられますよ!
(食べませんけど。)
地味にかさむ食費が込み込みなのはお得です!

船内の娯楽もコンプリートしたら、
さらにインクルーシブの凄さに感動するはず…!!!

※因みに今回のツアーは飛鳥Ⅱでした。
客船・客室グレードにより料金帯は異なります。

 

移動時間が自由!


f:id:know-your-rights-1026:20180318160127j:image

飛行機に乗ったら、エコノミーなら狭い座席に周りの人に気を遣いながら座りっぱなしですよね。
離着陸の時にはトイレにも行けず着席を要します。


息子が突然飛行機を怖がるようになり、
機内に入った瞬間から到着するまで
「助けてえええーーー!!!」

と大泣きで!
着陸して「助かった……!!」と安堵の声を漏らしたら周囲から拍手された程です………
(皆さん優しい………)
飛行機は周りに凄く気を遣うので本当にストレスで。
移動だけでゲッソリです。

 

新幹線はまだ良いのです。
トイレにも好きなタイミングで行けるし、
子供が騒いだら車両の間に連れて行ったりできますし。
ただ、長時間にもなると子供は飽きるのです!
いくら大好きなはやぶさ、こまちでも中に入ってしまえば外観見れませんから!
しかもおむつ換え台があまりないのも気になります。

 その点クルーズは最強です。
船内に入ってしまえば即部屋ですから。
おむつ替えも授乳も心ゆくまで出来ますよ。
おもちゃで遊ぶもよし。
ラウンジに行っておやつにするもよし。
移動時間もフル活用できるのです。

 

関連記事>> 

乳幼児とクルーズ(船旅)、飛鳥Ⅱ客室の快適ポイント! - 女は知性。


f:id:know-your-rights-1026:20180318155820j:image


f:id:know-your-rights-1026:20180318160239j:image

疲れ知らずでストレスフリー


f:id:know-your-rights-1026:20180318170534j:image

先の項と重複するところもあるのですが、
移動が殆どありません。
その為常にほぼ手ぶら(カードキー持つけど)で出歩けます。
この気楽さ!

おむつを替えたくなったり、
ミルクをあげたくなったら部屋に戻れば良いのです。
乳幼児連れはどうしても大荷物になりますが、
それらから解放されると体力的にも楽になれますね。

 

また、当たり前ですが船内は治安も良くボッタクリもないので
その点も気にしないですみます。

 
f:id:know-your-rights-1026:20180318155935j:image

様々なイベントが盛り沢山で飽きない


f:id:know-your-rights-1026:20180318210319j:image

毎日違うイベントが常にどこかでありますから、
それを最大限参加しようとすると結構忙しなくなります!
娯楽の宝箱!という位沢山ありすぎて追い付けませんでした!
「船内だけで退屈しないかな?」
なんて心配は完全に杞憂に終わります!
以下に一部ですが船内で出来ることを紹介しますね。

 

マジックショー
映画上映
ハーブフレグランス教室
ワインセミナー
ピアノ演奏
オーケストラ
ストレッチ体操
書斎(絵本もあった!)
カジノ
カラオケ
社交ダンス教室
輪投げ大会
ウクレレ教室
バルーンアート教室
オーケストラ演奏
フィットネスセンター
お花のポット作り教室
フィットネスインストラクターとデッキをウォーキング
パットゴルフ大会

コンサート(夜)
他沢山!!!

 
f:id:know-your-rights-1026:20180318164617j:image

2泊3日、一部でこれですよ!?
究極にアクティブに過ごしてもよし、
デッキをお散歩したりのんびりしてもよし。
食べ歩きが好きな人はラウンジをハシゴしても!
自由度が高いですね。

教室が多いのも新たなチャレンジが出来てよいかも!

 
f:id:know-your-rights-1026:20180318164415j:image

f:id:know-your-rights-1026:20180318164341j:image

スーツケースは宅急便でお部屋にお届け

あと、これはクルーズじゃないと出来ないのでは!?というのが、
お部屋までスーツケースを宅急便で送れること!
「そんなことできるんだ!」

と驚きました。
海外旅行では勿論そんなこと出来ないですしね。

今回は2泊3日で荷物も軽量でしたので利用しませんでしたが、
もっと荷物が多い場合は利用すると身軽でさらにストレスフリーです✨

 
f:id:know-your-rights-1026:20180318155835j:image

クルーズするなら気を付けたいこと


防寒をしっかりしましょう


f:id:know-your-rights-1026:20180318160037j:image

失敗談なのですが、防寒だけは甘くみないようにしましょう!
夏でもです!
海は思うより寒く、
しかも外に出る機会も多いです。(折角ですし海を見たいですよね)
乗船してから点呼と避難訓練の説明、
セイルアウェイパーティー(出港パーティー)がデッキで行われたのですが
その寒いこと寒いこと!!!!
甘くみすぎていました!

 

また、有事の際は夏でも低体温症になるそうですので、
ストールやはおりものは絶対に必要です!

 
f:id:know-your-rights-1026:20180318160344j:image

スニーカーで行けばよかった

荷物を減らしたくて、

ドレスコード:インフォーマルの時にも使えるヒール靴で行ったのが間違いでした………。


・結構歩く
・イベントも体動かす系多い(事前にイベント内容が通知されない為知らず)
・避難の時動きづらい

 

以上の理由から、荷物にはなりますが動きやすい靴必須ですね。

 
f:id:know-your-rights-1026:20180318210410j:image

船酔いする

いくら快適といっても、船ですから揺れます!
大きい客船の方が揺れにくいのは確かですが、
苦手な方はもし客室のリクエストが出来るなら
・下の方の階
・真ん中のあたり
が比較的揺れにくいです。

激しい時は立っていられないほど揺れることもあるそうです。

もし酔って気持ち悪くなってしまっても、
レセプションにどっさり山盛りの酔い止め薬があります!(飛鳥Ⅱの場合)

 
f:id:know-your-rights-1026:20180318160406j:image

子連れの旅行って楽しいけど気を遣うことが多くて逆に疲れてしまいがち。
クルーズはリピーターが多く、その圧倒的快適さは一度経験してみたらハマりますよ!
おすすめです✨

 

 

 

クルーズのドレスコードに関してはこちらの記事をどうぞ!

クルーズのドレスコード、何着て行けばいい?子供はどうする? - 女は知性。