女は知性。

知的な生き方を、ミーハーにゆるく追求するブログ

スポンサーリンク

自分を仕事に。生きることを趣味に。 by「自分」を仕事にする生き方

こんにちは、いまかよ(@imakayosan) です。

 

常に動向をチェックしている、はあちゅうさんの新刊が出ました!

背筋が伸びる、とても力強い良書でしたよ。

  

 
「自分」を仕事にする生き方 (幻冬舎単行本)

はあちゅうさんって?

f:id:know-your-rights-1026:20171227162920j:plain

 ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部卒。

電通コピーライター、トレンダーズを経てフリーに。

「ネット時代の新たな作家」をスローガンに、ネットと 紙を中心に媒体を横断した発信を続ける。

著作に「半径5メートルの野望」(講談社)など。

月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」が好評。

趣味は読書と旅先での可愛いもの採集。

インスタグラム・ツイッター:@ha_chu

 

はあちゅうさんの好きなところは、

圧倒的なリアルさと言葉選び。

いつも「そうそう!」と膝を打つようなピッタリの表現をされます。

いつも隣にいる親友のように読者に寄り添い、時に突き放したかと思うと励ましてくれます。

現代女子の代弁者といえるでしょう。

概要

 

1 自分のすべてを有効活用しながら楽しく、無駄なく生きていく。
→自分の中に埋もれた好きを見つける方法


2 仕事は、自分が生きやすい世界をつくるためにある。
→好きなことをお金に換える方法


3 会社を辞めることだけが自由に生きることじゃない。
→自分の肩書きをつくる方法


4 楽しそうなことにはどんどん飛び込む。
→行動を多くし、決断を速くする方法


5 あたりさわりのない、いい人のままで終わらない。
→人を惹きつける方法


6 こだわりも熱意もない仕事はただの作業だ。
→信頼を得る仕事のやり方


7 誰だって不安とともに生きている。
→頑張れない時の身のこなし方


8 自分を仕事に。生きることを趣味に。
→人生をフルに楽しむ方法

 

好きなことは得意なことでなくてもいい!

 

今年は、”自分の好きなことを仕事にする”という内容の本が多かったですね。

でも、「自分が好きなことが分からない/無い」という人には

どうすればいいの!?と迷うことが多かったのではないでしょうか。

 本書は、自分が好きなことがはっきりしない人への提案も丁寧にされています。

ここまで書けば何らかの手がかりは見つかるでしょう!というくらい。

 他にも、「好きなことでも、それでお金をもらうレベルじゃないし・・・」

という方へのメッセージもあります。

 私、とても励まされましたし目が覚めた思いです。

 

本作品の印象は、「とにかく強いはあちゅう!」

全編にわたり鋭さと強靭な意志力を感じました。

今後がますます楽しみな作家さんです。

背中を押してもらいたい人、

自分の好きなことで食べていきたい人、

発信力を付けたい人・・

気合が入る一冊、年末年始の読書にいかがでしょうか。

 
「自分」を仕事にする生き方 (幻冬舎単行本)