女は知性。

知的な生き方を、ミーハーにゆるく追求するブログ

スポンサーリンク

日本人が勤勉で責任感があるというのは大嘘 by日本が世界一「貧しい」国である件について

 こんにちは、いまかよ(@imakayosan) です。

少し前に出た本ですが、

大好きなめいろまさん(@May_Roma)の著書が最高すぎたのでご紹介です。

 

数少ない著者の一人です。

 

(twitterやってる人はぜひともフォローしてみてください!)

 

仕事でも毎日感じている、日本人の丸投げ・思考停止体質。

これどうにかならないですかねー。

毎日、「こいつは頭がおかしいんじゃないか!?」

「ご対応ください、の一言で済むはずのメールが、

何で何回スクロールしても終わらない長文に!?」とか、

 

「この人は何がしたいのかが謎。これはなぞなぞなのか!?」

「ミッション・インポッシブルか!?」

 

というメールばかりで・・・

 

当事者意識が希薄すぎでしょ!

 

天下りが減らないのも、

原発事故でさまざまな隠蔽が発覚したのも、

日本の人々の多くが「傍観者」に徹していて自発性がないことに起因するのではないでしょうか。

自発性がないから、自分の問題を直視せず、何かを変えようという行動をとらないのです。

自分のことだと思っていないから、

大事な年金が意味不明なファンドに投資されようが、

自分の町にどう見ても無駄な公共施設が建てられようが、気にしないのです。

会社がどんな酷い労働条件を要求しても、

自分のことだとは思っていないから、何も言わないのです。

いつも、誰かがどうにかしてくれることを待っている。

いつまでたっても残業が減らず、労働環境や住環境が悪化する一方なのは、つまり、「自分の責任」なんです。

 

 

自分の生活をよりよくしたければ、

まず自分の問題を分析し、

「どうしたら良いのか?」

と自分の頭で考えることから始めないといけないのではないでしょうか。

しかし、残念ながら、日本の人には、

「自分の頭で考えなければいけないんだ」という必要性すら、

理解している人が多くはないようです。

 

何でも人任せで、自分で責任を取りたくないのです。

無責任でずるくて、怠け者の人が多いのです。

日本人が勤勉で責任感があるというのは大嘘だと思います。

自分で考えることも、提案することも、行動することも、

リスクを負うことも嫌な人達が多いのです。

その狡猾さや怠けが、

延々と終わらない残業が当たり前になっている働き方や、

醜い景観や、偽装ばかりの食べ物や、

原発事故や、税金の無駄遣いを引き起こしたのではないでしょうか? 

やせたいのに何の努力もせず、

ファーストフードの店を訴えてしまうような人と変わりません。

 

「選挙に行かない人に、政治の良し悪しを語る資格はない」 

 

幼少の頃、これを親に言ったことで

両親は毎年欠かさず選挙に行くことになりました。

情報弱者は、当事者意識がないことや、丸投げだから搾取されるのです。

 

私の仕事でも、中国人・韓国人は必ず値切ってきます。

非常にコストにシビア。

日本人は、まず値切らないですね。会社のお金だから他人ごとなのでしょう。

専門分野ほど、情報に疎いと損するのです。

ですが、日本では専門家でも疎い人は少なくはないのです。

 

言われたことを繰り返すだけの人、

付加価値を生み出せない人には仕事はないのです。

 

右から左へ仕事を流すような人はこれから淘汰されるでしょうね・・・

搾取されない為にも、自分の頭で考えたいものです。

是非読んでみてください♪